水没車が高額買取できる方法!!

水没車の特徴ってあるのでしょうか

 

水没車が査定によって売れることがあります。
しかし、これは水没車の状況が比較的軽症の場合が多いと考えられます。
基本的に水没した車は査定を待つまでもなく廃車です。
それではなぜ水没車は廃車となるのでしょうか。

 

水没車の特徴としては主に次のような項目が上げれます。

 

車内に漂う異臭
ECUの不調による走行異常
ペダル類などの金属部の錆び
シートベルトのシミ
フロアカーペットなど内装のカビ

 

このような水没者は買取にもいろいろ影響してきます。

 

まず、水がどこまで入ったかによって状況は大きく変わります。

 

エンジンに水が入った場合は、間違いなくエンジンは壊れてしまいます。
壊れていなくても再利用はできないと考えるべきです。

 

エンジンがかかっても、しばらく動いてすぐにエンストを起こしてしまうでしょう。
これがウォーターハンマーと呼ばれる現象です。
エンジンはもう再起不能となり、絶対動かせません。

床下までの浸水でも被害が厳しい場合があります。

 

大雨で立ち往生した車をニュースなどで見ることがありますが、床下までの浸水でもかなりの被害となります。

 

なぜなら、床下には前後をつなぐ駆動系と電気系統が走っているからです

 

駆動系と電気系統は水に浸かとで、錆が発生する可能性があります。

 

電気系統であれば断線となって走ることすらできなくなったり、断線まで行かなくても接触不良のため、ランプが付いたり消えたり、かなり不都合が生じます。

 

駆動系関係では、自動車を動かすためには油圧機を使っていますが、油分が水に溶けだしたためにスムーズに動かなくなる可能性も高いでしょう。

集中豪雨にあって乗れなくなった愛車が現金に変わる!!


わずか32秒で最大10社一括査定!
水没車の査定 手軽なオークション感覚で一番高い買取業者選択。
⇒ 無料で簡単超スピード査定