水没車が高額買取できる方法!!

水没車は冠水・水に浸かってしまった車です。

ニュースで大雨などで水没車を見ることがありますが、
水没車のほとんどは雨が止んだ後でもまともに動かないと考えていいでしょう。

 

まず、エンジンルームに水が入ると、すぐにエンジンは停止してしまいます。

もちろん、車載のコンピュータもいかれてしまいますから、制御系統がダメになるのです。
ランプなども異常な付き方をする場合があります。
このような症状を発するので、もし自分の愛車がゲリラ豪雨などで水没してしまったらショックです。

 

オークションなどで水没車を購入している人がいますが、外見だけで購入するのは避けたほうがよいでしょう。
水没車は公道を走る乗り物と思わないほうが無難です。
もちろん、点検を受けていれば、それなりに走りますが、確実に寿命は短くなります。

 

水没車の査定で高額な金額が付いている場合がありますが、それはごく一部と考えましょう。

水没車でもその程度によって症状は変わってきます。

床下浸水なら一番軽症で済みますが、ボンネットまで浸かってしまうと、ほとんどの部分が再起不能となってしまうことでしょう。

 

大雨の渋滞で立ち往生してしまった場合、浸水を避けることもできませんから、諦めるしかありません。

 

運が良ければ、また愛車に乗ることができるかもしれませんが、シートや床は水浸しになるため乾いてもかなり臭いがします。

 

フロアカーペットなど内装のカビが発生し運転中に吸い込むことが考えられます。

さらに車内に漂う異臭などで体調を壊すことも考えられます。
実際にそのような症状を知恵袋などで拝見することがあります。

 

水没者の症状が人の体にまで影響を与えてしまうことも考えられます。 

 

自分の愛車がゲリラ豪雨などで水没してしまったらショックですが、諦めて新車購入を検討し買い取り業者に売り渡すこともいいでしょう。

 

少しでもいいですから、お金をもらえれば良しとすべきです。

集中豪雨にあって乗れなくなった愛車が現金に変わる!!


わずか32秒で最大10社一括査定!
水没車の査定 手軽なオークション感覚で一番高い買取業者選択。
⇒ 無料で簡単超スピード査定