水没車が高額買取できる方法!!

車が浸水してしまった時のポイントを紹介しましょう。

 

車が浸水 てしまった時、浅いところへ移動することが基本ですが、それができるくらいなら水没車になることはありません。
自走できること自体が水没者ではないのです。

 

ただ、水没車でもその後の対応によって被害を最小限に抑えることができます。

 

・ まず、エンジンをかけないことです。

エンジンルームに水が入っていると、エンジンをかけた途端にエンジンが破損してしまうことになります。
空気を圧縮して車を動かすことがエンジンの役割ですが、水を圧縮することはできませんから、エンジン側が力に負けて破損してしまうのです。

 

・ 車を移動させなければならない場合

は、シフトレバーをニュートラルにして押して動かしましょう。

 

男性の大人が2名もいれば、車は動かすことができます。
要するにエンジンをかけないことです。

 

・ 感電に気を付けましょう。

ハイブリッドカーや電気自動車の場合は、電気系統がやられている可能性が高いため、感電するかもしれません。

 

車両から離れて整備工場などに連絡するようにします。
特に塩水の場合は錆の進みが早いことと、電気を通しやすいため感電する可能性があります。

 

・ 火災にも気を付けましょう。

バッテリーのプラスとマイナスがショートして火花が出る可能性があります。

 

水は引いた後でも塩分が残っていますから要注意です。
車両火災になることもあります。

 

 

水没車の買い取りのための査定がありますが、症状によって査定額は大きく変わります。

集中豪雨にあって乗れなくなった愛車が現金に変わる!!


わずか32秒で最大10社一括査定!
水没車の査定 手軽なオークション感覚で一番高い買取業者選択。
⇒ 無料で簡単超スピード査定