水没車が高額買取できる方法!!

水没車の買取りと廃棄手数料

水没車をはじめ、動かない車を廃車にするか売るか、誰しも頭を悩ませるところでしょう。

 

愛車が動かなくなってしまったら、一般的な話、もう売ることはできません。

 

となると、最後の手段は廃棄処理、「廃車」ではないでしょうか。

 

でも車の廃棄なんて、滅多にするものではないすから、ほとんどの人はどれくらい手数料がかかるのか、手続きはどうすれば良いのかわからないことだらけだと思います。

廃車の手数料・費用はいくらかかるか?

廃棄処分依頼先、廃車の引取許可業者には 大きく分けて3つの業者が存在します。
業者別に、必要な概算手数料や費用を簡単にまとめてみました。

  ディーラーや中古車販売店
  解体業者(スクラップ屋さん)
  不動車買取業者

 

  ディーラーや中古車販売店

 

一番身近な引取許可業者が自動車販売店です。

 

   ・車両の引取手数料

 

 無料〜2万円前後。 

 

 引取可能な範囲内(同市内など)であれば、ごく稀に無料で引取してくれる場合もあるようですが
 (別途書類手続きの手数料)、基本的には、同市内範囲で 1〜2万円前後の引取手数料(キャリア
 カーの陸送費)が必要と考えておいた方が良いでしょう。

 

   ・廃車の書類手続き

 

市内など取引可能な距離であれば、無料で車両を引きとってくれることもありますが、
ほとんどの販売店で、一般的には1〜2万円前後の取引手数料がかかります。

 

お店によっては、車両の引取手数料に書類の手続き手数料を含めている場合も多いようです。
 (※ 重量税還付手続きの代行は別途 +5,000円くらい)

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

合計額:
1〜2万円(取引手数料)+ 1〜2万円(書類手続き手数料)+5,000円(重量税還付や自賠責保険料の返戻に必要な手数料)

 

 

 

 

 

 

 

  解体業者(スクラップ屋さん)

 

普段は身近な存在ではありませんが、個人のお客様からも廃車引き取りを行っています。
 自動車販売店を経由せずとも、個人的に直接引取の依頼をする事も可能です。 (※ もちろん、基本的には持ち込みもOK)

 

   ・車両の引取手数料

 

 無料〜2万円前後。 

 

 引取可能な範囲内(同市内など)であれば、基本的に無料 ・・・という場合が多いですが、 業者拠点から遠隔地へ遠征・・・となれば、別途料金が必要となるでしょう。

   ・廃車の書類手続き

 

 代行なし、又は無料〜1万円前後。
 (※ 重量税還付手続きの代行は +5,000円〜15,000円くらい)

 

 スクラップ屋さんの多くでは、廃車の書類手続きの代行は行っていない場合が多いでしょう。
 (※ 廃車の書類手続き不可の場合には、個人で手続きが必要です)

 

 ただ、近年ではスクラップ車両の激減により、書類手続きの代行まで行ってくれる業者さんも増え
 ているようですし(手数料別途)、場合によっては、廃車引取の 「おまけ(サービス)」として、廃車
 手続きの無料代行までやってくれる業者さんもチラホラ・・・

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

合計額:
2万円(取引手数料)+ 1万円(書類手続き手数料)+ 5,000円〜15,000円(重量税還付手続きの代行)

 

 

 

 

 

 

 

 不動車買取業者

 

車両の手数料は無料
書類手続きは無料

 

 

 

ほかにも俗にいう「その道に精通した専門業者」や、行政書士に依頼する場合、自分で廃棄処分を行う場合などありますが、上記の3つが一般的な廃棄方法です。

 

特にこの中で買取業者に依頼するのがもっとも賢い選択ではないでしょうか。

 

水没車をはじめ自分の車を廃棄処分する方法は様々ですが、手間暇や金銭的な負担を考えるとやはり買取業者に依頼するのが一番スムースに、簡単にできる方法と思えます。

 

その場合でも、個人的に不動車買い取り専門業者を検索したり、選別することは難しいことですので、
オンラインの一括査定サービスを利用するといいです。

 

もっとも、手軽で簡単、そして一番楽な方法がオンラインの一括査定サービスなのです。

集中豪雨にあって乗れなくなった愛車が現金に変わる!!


わずか32秒で最大10社一括査定!
水没車の査定 手軽なオークション感覚で一番高い買取業者選択。
⇒ 無料で簡単超スピード査定